ゆっくり!ゆんやーの書庫

ゆっくり虐待のSSは、あなたの精神や身体に悪影響を及ぼし、 深刻な結果を招く危険があります。閲覧は全て自己責任にてお願いします。

ゆっくりところてん(後編)

子ゆ達の極限まで乾いた小麦粉の肌が
急速に水分を吸い上げていく。

水。それはまさに生命の源。

体に生気が蘇り、
混濁した意識は徐々に焦点を合わせ始める。
死という万物最大の危機が
跡形もなく霧散していくという安堵感。

そして、次に去来した感情は‥
続きを読む

ゆっくりところてん(前編)

暑い。
本当に暑い。

八月の日差しは容赦なく照り付ける。
人間でさえ熱中症で死亡する事例もあるのだから、
脆弱なゆっくりにとって過酷でない訳がない。

今このゆっくりれいむの親子もまた
当然のように全滅の危機に瀕していた。
続きを読む

ぷれいす

 そのプライスは関門がありました。

 おちびちゃんしか通れない出入り口。大人のゆっくりには通れない隙間。でもその奥にはゆっくりの誰でもが夢見るプレイスが広がっているのです。

 咲き乱れている季節ごとに移ろいゆく蓮華、白詰草、犬鬼灯、烏麦、蛇苺、エノコロ草に盗人萩。とてもゆっくりしたプレイスが広がっているのです。そしてそのゆっくりプレイスには怖い怖い犬さんや猫さん、何よりも恐ろしい人間さんはいないのです。
続きを読む

おねがいきいてね

 れいみゅは可愛いお目々を大きく見開いて大きい声で言いました。
「ゆっくちちていっちぇねぇ」
 お返事はありません。れいみゅのご挨拶に喜んで答えてくれる筈のお父さんの声もお母さんの声もしないのです。
続きを読む

お産は生まれて初めての経験だった

 お産は生まれて初めての経験だった。生んだ事もなければ立ち会った事もない。その上初めの約束は「無痛分娩」だった。

 「くるしいよぉ~、いたいよぉ~」
 「だいじょうぶよ、ありすがいっしょにいるわ」

続きを読む

あかるい農村3-2

「さすがに帽子っこと呼ぶのは面倒なのでこれから俺はお前を白まりさ、お前を黒まりさ、お前をありすと呼ぶ。良いか?」

「ゆっくりりかいしたよ」
「ゆっくりりかいしたぜ」
「ゆっくりりかいしたわ」

 
続きを読む

あかるい農村3-1

リボン子を迎えに行くのに帽子っこを連れて行ってくれと言ったのは婆様だった。もしかしてリボン子が(婆様はとっても口を濁してものすごく遠回りで察するのに時間がかかったが)強姦されていたら帽子っこがいた方が救いになるから。だった。男の俺達には判らない何かがあるんだろう。そう思ってしまった。続きを読む

あかるい農村2-3

「おにいさん、ちょっとだけまりさとおはなししてほしいんだけど」

  お話ってさっき間借り屋の爺様が押す猫車に乗って帰ったばかりだろうが。これはどう考えても間借り屋の家からだと距離がある。きっと間借り屋の爺に頼んで道中におろして貰って、こっちに戻ってきたな。
続きを読む

ゆっくりと老職人 2

~仕入れ店~

「みんなそろったな。」
「ああ、そんでどういう木がいいんだよ?」
「確かに、こっそり材木を追加していくのは名案だけど、僕たち目利きとかじゃないよ?」
「だいじょうぶだよ! れいむはししょーといっしょにきをみてきたからすこしはわかるよ!」
「で、俺たちは具体的に何すればいいんだ?」
続きを読む

ゆっくりと老職人 1

~とある町工場~
「こらー!この悪ガキどもめー!また家の蜜柑を!」
「おみかんさんかえしてね! それはししょーとれいむのおみかんさんだよ!」
「ボケ老人と饅頭に捕まるかよバーカ」
この元気のいいじいさんは83歳で、木材加工を仕事にしている。そしてこのれいむはじいさんが、一人暮らしの寂しさを紛らわすために飼い始めたペットだ。
続きを読む

明るい農村2-2

 一同、と言うのか使役饅頭達を俺の庭に全員集めてみた。広さだけはある庭だからな。そういう意味ではこの家にも利用価値があるとはいえる。詐欺で買っていなければ大好きな家だろう。自分で選んで自分で買ったんなら自慢出来る家なのに。続きを読む

明るい農村2-1

風を切って走る。高原特有の乾いた風が頬を撫でる。乗っているのは業務用自転車だけど。
 農作業の手伝いをする代わりに野菜を貰える約束だったのだが、何故か俺の仕事は飯炊きお兄さんになった。今は農作業をしている爺様婆様に弁当を配達している途中。業務用自転車のがっちりした荷台にクーラーボックスをつけて走っていく。
続きを読む

明るい農村1-2

どぁぁぁぁぁ、くそったれ~
 俺は溝の中を覗き込んで思わず悪態をつく。こんもりと餡の山。自走式饅頭の排泄物は餡。あの喋る饅頭、置き土産にこんなに排泄して行きやがった。こんなに排泄したら身体は半分になったんじゃあないか?
 全く。嫌がらせだろうが身体の半分分もの糞を垂れていくとは饅頭侮れない。今度から糞饅頭と呼んでやろうか。
続きを読む

あかるい農村1

 目の前の光景を見て俺は文字通り脱力して座り込む。
 こんな、こんな、こんな毎日定期バスが通っていないど田舎に。そんな土地屋敷を買う為に俺の両親の保険金が使われたのか。こんな家に。確かに築は浅いかもしれない。素人の俺が見たって新しいと判る。二世帯だから家自体は大きいし庭も広い。
続きを読む
森の賢者
サイトを改装中よ!むきゅっ!
記事検索
ゆっくり虐待漫画はこちら
ゆんやーの森
最新コメント
★東方projectフィギュア★
  • ライブドアブログ