ゆっくり!ゆんやーの書庫

ゆっくり虐待のSSは、あなたの精神や身体に悪影響を及ぼし、 深刻な結果を招く危険があります。閲覧は全て自己責任にてお願いします。

ですとらくしょんわーるど 上・下

本日、日本の国会である案が通された。 
それは、日本にのみいる、いや、〝有る〟一つの種を壊滅ないし全滅させる、というものだ。 
日本史上、いや人類史上稀に見るこの案が通った事で、一部の人間は戦々恐々としたが、 
日本人のほとんどは狂喜乱舞するという異常事態に陥った。続きを読む

ゆっくり井戸

「みんなのかたきだよ……!」 
村の外れの井戸の前、ゆっくりまりさがいた。 
その口にくわえているのはスズラン。人間にもゆっくりにも毒となる花だ。
そのまりさ は、親ゆっくりから教えられてその毒性を知っていた。 

スズランを教えてくれた親ゆっくりはもういない。 

先日、大規模なゆっくり狩りがあった。


 続きを読む

ちょっと鴉が多い街のお話

とある一匹の鴉が死んだ。

それだけならば、よくある話だっただろう。だが彼の場合は、少し事情が違っていた。

いつも通りの朝のはずだった。 
早朝、彼は餌を探しに狩りへと出掛ける。目的地は、人間のゴミ置き場。

彼の餌は、人間が捨てていく生ゴミとそれに群がる饅頭ども。
続きを読む

散歩した春の日に

「おでがいじまず!おちびじゃんをぺっどにじでぐだざい!」

・・・

長かった冬も終わり、春がやってきた。 
昨日までの雨や寒さが嘘のような暖かさと春一番。そんな陽気に誘われて散歩にくりだした。 
見れば桜の木に花が咲き始めている。今日はいい天気だ。 
いつもの散歩コースはゆっくりたちと公園に行き、そして帰る。今日も公園に足を運んでいた。 
公園の入り口に入ると草むらから一匹のゆっくりまりさが飛び出してきた。 
そして冒頭の台詞と繋がる。
続きを読む

足りないゆっくり

「じゃあとっしー、次は『ありがとう』って書いて!」 

居間の床に座っている俺の傍らでゆっくりまりさが目を輝かせながら催促してきた。 
俺が床に広げてある紙に「ありがとう」と書くとまりさはそれをじっと見た後、ペンを口でくわえて模写する。 

「おいおいそれじゃあ『あいがとつ』だ。『り』は右側が長くて、『う』は上の点を忘れるな。そう、そんな感じだ」 

続きを読む

おさのしょさい

antique_library_desk-wallpaper-480x272


みんなまずはじめにこれを読んでね!

続きを読む
森の賢者
サイトを改装中よ!むきゅっ!
記事検索
ゆっくり虐待漫画はこちら
ゆんやーの森
最新コメント
★東方projectフィギュア★
  • ライブドアブログ