ゆっくり!ゆんやーの書庫

ゆっくり虐待のSSは、あなたの精神や身体に悪影響を及ぼし、 深刻な結果を招く危険があります。閲覧は全て自己責任にてお願いします。

れいむ死ね

「ゆぐっ!どぼじでごんなごどずるのぉぉぉぉぉ!!!」 
一人の男が、道端で跳ねていた、野良のゆっくりれいむの後頭部を、勢い良く蹴り上げた。 
誰も居ない、田舎の未舗装の道。両側が田んぼに挟まれている。 
続きを読む

伝説の超餡子戦士

今、小さな赤ちゃんのゆっくりれいむが人間の前に居た。

れいむが何故こんな所に一匹で居るのか。その理由は誰も知らない。 
こんなに小さいれいむには必ずと言っていいほど保護者の助けが必要になるのだが、その姿も見えなかった。 
そもそもその小さな身体でどうやってここまで来たのかすら謎だった。
続きを読む

ゆ虐地獄でゆっくり

地獄。 
罪を犯した死者のたどり着く場所。 
その一角から、いくつもの叫び声が響いていた。 
続きを読む

ゆっくりみさせてね!

れいむはとてもゆっくりできていなかった。 
「さて……れいむ、もう覚悟はできてるよな……?」 

おにさんの冷たい声に震える。 
続きを読む

賽の河原

「一つ積んでは父のため……二つ積んでは母のため……三つ積んでは国のため……」 
そこかしこからこんな歌が聞こえてくる。 
続きを読む

幻想郷のゆっく輪廻

幻想郷に突如現れたゆっくり。幻想郷の新顔。 
今、私はその存在に大してある疑問を持っている。 
限界のある人の身では確認する術がなかった。だが今、幾つかの幸運に恵まれ、その疑問 
を解消する機会を得た。
続きを読む

さとり

ある所にある森。通称ゆっくりの森。 
とてつもなく広いその森には、ゆっくりの集落が数多く点在している。 
ゆっくりの天敵がほとんど入ってこないので、ここはゆっくり達の安住地、ゆっくりプレイスとなっている。 
その中の集落の一つ、そこには、五匹のゆっくりが生活していた。 
続きを読む

yasei

仕事から帰ったら、ウチの飼いゆっくりのまりさが思いっきり上体を折り曲げて頭を下 
げて来た。多分、土下座の積りなのだろう。 

「おにいざんおねがいじまずう、ばりざをおどごにじでぐださい!」 

 男にして下さいって……お前ら男女の区別ないだろ、と内心で突っ込みつつ話を聞いて 
みる。
続きを読む

A

今日もやることなく公園のベンチでねそべっていると、 
ゆっくりれいむが一匹俺のそばを通り過ぎていった。 
「おい」 
『ゆっ! こんにちはにんげんさん! ゆっくりしていってね!』 
挨拶が出来る。 
人間にきっちり飼われているれいむのようだ。 
続きを読む

浅瀬

ゆっくりは不思議な生き物である。 
まん丸としていて、手も足もない。 
人語を理解し、自らもそれを操ることが出来る。 
肌はもっちりとしていて、すぐ傷が付いて痛がる。 
中身は餡子のみで、食べる事が出来る。 
体液は砂糖水で、ちょっと泣いたりすれば、すぐ虫が寄ってくる。 

そして何よりも、弱い。
続きを読む

ゆっくりには非常に好奇心をくすぐられる

私は今驚愕している。謎の生物(ナマモノ)ゆっくりにだ。
この生物は体の殆どが餡子によって形成されている。にも
関わらず人の言葉を理解(これに関しては現在賛否両論らしい)
し話すようだ。
「ゆっくり…非常に興味深い…」
続きを読む

太陽と水のゆっくり一家

あるゆっくりの巣があった。 
土の中に掘られた、広い巣だった。 
変わった巣だ。

空が見える。

巣の天井は抜けており、陽の光が降りそそいでいるのだ。 
続きを読む

とある野良ゆっくり達の話

ここに、一匹のまりさがいた。

まりさは山のゆっくりであった。 
れいむを妻に迎え、子れいむ、子まりさという子供を授かった。 
何処にでもいる普通のゆっくりだ。
続きを読む

スグルイ

二匹のゆっくりが対峙していた。


一匹はゆっくりまりさ。 
いくつもの古傷がありながらもモチモチとした健康的で強靱な肌は、そのまりさの狩りの 
能力が高いことを伺わせる。 
まりさは口にくわえた棒を地に突き立て、全身で引き絞るという異様な構えを取っている。 
無明餡流れ。 
そこから放たれる逆袈裟の斬撃は、ゆっくりの胴を切り裂き両目を抉る。 
明かりを奪い、出餡させずにはおかないゆっくり最強の秘剣である。
続きを読む
森の賢者
サイトを改装中よ!むきゅっ!
記事検索
ゆっくり虐待漫画はこちら
ゆんやーの森
最新コメント
★東方projectフィギュア★
  • ライブドアブログ