ゆっくり!ゆんやーの書庫

ゆっくり虐待のSSは、あなたの精神や身体に悪影響を及ぼし、 深刻な結果を招く危険があります。閲覧は全て自己責任にてお願いします。

ゆんやーの書庫オリジナル作品

あかるい農村3-2

「さすがに帽子っこと呼ぶのは面倒なのでこれから俺はお前を白まりさ、お前を黒まりさ、お前をありすと呼ぶ。良いか?」

「ゆっくりりかいしたよ」
「ゆっくりりかいしたぜ」
「ゆっくりりかいしたわ」

 
続きを読む

あかるい農村3-1

リボン子を迎えに行くのに帽子っこを連れて行ってくれと言ったのは婆様だった。もしかしてリボン子が(婆様はとっても口を濁してものすごく遠回りで察するのに時間がかかったが)強姦されていたら帽子っこがいた方が救いになるから。だった。男の俺達には判らない何かがあるんだろう。そう思ってしまった。続きを読む

あかるい農村2-3

「おにいさん、ちょっとだけまりさとおはなししてほしいんだけど」

  お話ってさっき間借り屋の爺様が押す猫車に乗って帰ったばかりだろうが。これはどう考えても間借り屋の家からだと距離がある。きっと間借り屋の爺に頼んで道中におろして貰って、こっちに戻ってきたな。
続きを読む

ゆっくりと老職人 2

~仕入れ店~

「みんなそろったな。」
「ああ、そんでどういう木がいいんだよ?」
「確かに、こっそり材木を追加していくのは名案だけど、僕たち目利きとかじゃないよ?」
「だいじょうぶだよ! れいむはししょーといっしょにきをみてきたからすこしはわかるよ!」
「で、俺たちは具体的に何すればいいんだ?」
続きを読む

ゆっくりと老職人 1

~とある町工場~
「こらー!この悪ガキどもめー!また家の蜜柑を!」
「おみかんさんかえしてね! それはししょーとれいむのおみかんさんだよ!」
「ボケ老人と饅頭に捕まるかよバーカ」
この元気のいいじいさんは83歳で、木材加工を仕事にしている。そしてこのれいむはじいさんが、一人暮らしの寂しさを紛らわすために飼い始めたペットだ。
続きを読む
森の賢者
サイトを改装中よ!むきゅっ!
記事検索
ゆっくり虐待漫画はこちら
ゆんやーの森
最新コメント
★東方projectフィギュア★
  • ライブドアブログ