「むきゅうううううううう!」 

俺の飼いゆっくり――ぱちゅりーの悲鳴が聞こえた。 
慌てて声の元、居間の方へ駆けつけると、そこには本を読んでいるぱちゅりーの姿がある。 
つい先ほどまで楽しげに読んでいたぱちゅりーは、今や涙目だ。 
その舌はだらんと垂れ、舌の表面には一筋の線――傷つき、クリームが漏れだしたことで 
できた線がある。 
そんなぱちゅりーの悲惨な様を見て、 

「ああ、またか……」 

俺はため息を吐いた。 
続きを読む