ゆっくり!ゆんやーの書庫

ゆっくり虐待のSSは、あなたの精神や身体に悪影響を及ぼし、 深刻な結果を招く危険があります。閲覧は全て自己責任にてお願いします。

愛で

まりさのいる生活

その日、私はいつも通り仕事を終え、家路を歩いていた。 
空はすでに薄暗く、西空は綺麗な茜色に染まっていた。 

角を曲がる。 
周りに人影がなくなり、歩いているのは私だけになる。 
どこかの家の夕食だろうか? 
風に乗ってカレーの匂いが私の鼻をくすぐっていった。 
続きを読む

つむりだからって愛でるとでも?

「かわいいおちびちゃんとれいむさまに さっさとあまあまちょうだいね!」
「きゃわいちゅぎりゅ ちゅみゅりにあみゃあみゃをけんっじょう!ちてにぇ!」
「こたちゅみゅりがかわいちゅぎて ぎょめんにぇーー!」

公園に来たらこの有様。

ここは善良がいっぱいいると聞いたんだが…。
続きを読む

愛で愛で・ゆっくリウム

俺は時々思うのだ。 
この世が科学と魔術の均等に発達した世界じゃなかったら、今のような理想郷は存在しえなかったんじゃないかって。 
続きを読む

お山の大将

時は数年前。よく晴れた昼下がり。ある田舎の村にその家族はいた。 
夫と、妻と、生まれてちょうど1年くらいになる女児の3人家族。 
子供が生まれて大体1年経ったこともあり、女性の故郷であるこの村に家族総出で帰省して来たのだ。 
続きを読む

おかえりなさい

さて、それではちょっとしたお伽噺を始めましょう。 
それは、小さな町の繁華街の外れにある喫茶店が舞台。 
おいしいコーヒーと、美人の店長さんが売りの普通のお店。 
そのお店の名前は「アース」といいました。 
続きを読む
森の賢者
サイトを改装中よ!むきゅっ!
記事検索
ゆっくり虐待漫画はこちら
ゆんやーの森
最新コメント
★東方projectフィギュア★
  • ライブドアブログ