『ゆ・・・今日はゆっくりできるかな・・・』 

木漏れ日の差す森の広場へと、おずおずと不安そうに現れた巨大なゆっくり、ドスまりさ。 
隣には側近のゆっくりぱちゅりーが付き添っている。 
続きを読む